皆生の家 鳥取県米子市

延べ面積が20坪のコンパクトなこの家は、自然素材にあふれ、細かく室を仕切らず大らかな空間とし、多くの自然光が室内に入ることを念頭におきて計画しました。
建物の外周部に筋交いを設けて室内に耐力がかからなくなることで間仕切りのない大きな空間を造り、セットバックさせた外壁に自然光を取り入れるべく大きな開口部を配置しています。このことにより、室内空間により多くの自然光を取り込み、内外一体となった空間造りが可能となりました。