東伯の家(医院併用住宅) 鳥取県東伯郡

建物の中心に中庭を設け、自然光・風・緑など自然の要素を室内に取り入れています。
この型枠コンクリートブロックは、現場打ちコンクリートより材料精度が高く、見た目にも繊細なイメージを与えます。使用した型枠を捨てることがなく環境エネルギーの観点からも評価できる工法です。
中庭から入る自然光がコンクリートブロック壁に当たり、光と影のコントラストを形成する様子は構造体の力強さと差し込む光の美しさを強く感じます。