天萬町の家 鳥取県南部町

桜並木の土手と背景の山に挟まれた自然豊かな敷地。
細長形状の敷地に対して、軽快な緩勾配の屋根を伸びるように、且つ重ねることで、奥行きあるプランニングと軽快感をイメージしました。
桜並木の景観と繋がるように、かつ家中に自然採光と通風が万遍なく廻るように、中庭を配置しています。
木製建具の引込み戸を開くことで内部と外部空間が一体となるような、生活に四季の移ろいを感じられる住環境を図っています。