松寄下町の家 島根県出雲市

北側に望む山々と田園風景に囲まれた自然豊かな景観と同調するように、シンプルな片流れの大屋根を形成。
深く跳ね出した軒下には、駐車場、デッキテラスを配することで、外部~内部空間を緩やかに繋ぐと同時に、室内の熱負荷低減による省エネルギー化を図っています。
コンクリート打ち放しの高基礎は、地盤からの湿気防止とデッキテラスから望める田園風景の眺望を確保。
自然通風と薪ストーブの柔らかな暖気が、引き込み障子と吹き抜けによって、家中まんべんなく循環するような平面・断面構成にしています。