東町の家 鳥取県倉吉市

屋根の高さを抑え、落ち着きを持たせた一直線の軒先と大屋根の構成。
三州いぶし瓦と漆喰壁のコントラストが、緩勾配の屋根ラインを際立たせています。
2世帯住宅のプランニングは居間を中心に配置し、親世帯と子世帯をゾーニング。
各ゾーンの境界に前庭、2つの中庭、坪庭を配することで、明快なゾーニング、外部と内部の繋がり、視界の抜けを確保しています。
シンプルな形態の中に、変化に富んだ自然光と自然通風が家中を抜けるよう計画しています。