夜見の家 鳥取県米子市

築35年の日本家屋のリフォーム。各部屋が分節された伝統的な田の字型プランから間仕切りを取り払い流動性のある大空間へと変容。
その大空間にテレビ台・収納棚・カウンターなどの造り付けの家具を配することで、動線とゾーニングに方向性を、空間に適切なスケールを与えました。
昔のアルミサッシュをペアガラスに、床・壁・天井に断熱材を充填し直すことで断熱・気密性能を改善。熱損失が高い南側の掃きだし窓には、自然採光を取り入れながら断熱性を確保するために、居間と縁側の間に障子を新設しました。