町家格子の家

漆喰壁、ヒノキ格子戸、三州いぶし瓦が織りなす軽快で清廉なファサード。
しっとりとした漆喰の壁面に柿渋塗りを施した赤褐色の格子戸が繊細に浮かび上がります。
ファサードに対して重心を抑えた低く深い軒先は、建物に安定感と奥行き感を与えます。
内部の化粧梁・造作・仕上げ木材はすべて智頭産のヒノキ材。
2階のパブリックスペース(居間・食堂)は壁面と同調した造り付け家具をシンプルに納め、リズミカルな屋根構造梁を意匠的に表すことで構造梁ラインをより際立たせています。