観音寺新町の家

袋小路の奥まった旗竿形状形している特徴的な敷地。
隣家に囲まれた外周部に対してはクローズに、家の中心に設けた中庭に対してはオープンなプランニングとすることでプライバシーと自然採光・通風を確保しています。
屋根と外壁が一体化したシンプルな形状は、ガルバリューム鋼板横葺きで統一。
駐車場・中庭・テラスの内壁面には智頭杉板の柿渋塗りを施すことで、外部と内部を自然と優しく結び付ける“中間領域”としての機能を視覚的に表現しています。
智頭杉材で統一した室内は中庭を中心とした玄関・ホール・居間・食堂・台所と連続性のある空間。
中庭面からの大きな開口による、柔らかな自然光に包まれた室内空間を確保しています。