飯島町の家 島根県安来市

スクエアな形態に内在する静穏な室内空間。深い軒が作り出す“中間領域”が外部と内部空間をスムーズに連続させる役目をするとともに、熱付加を抑えた柔らかな自然採光を取り入れます。
厳しい自然環境を受ける外壁のガルバリューム鋼板と味わいある柿渋塗装の板貼り、床のコンクリート平板は、機能的な適材を視覚的なデザインとして表現。
「最小限の構成要素から最大限の豊かな生活空間を生み出す」、という基本コンセプトを具現化しました。