美保町の家 鳥取県境港市

広い間口を持つ敷地に対して、水平ラインを強調した軒の低い緩勾配の屋根。
玄関までのアプローチ空間を斜めにかつ植栽に囲まれながら導入することで、屋根の重なり、内部空間の広がりの対比を演出しています。
三州敷瓦の玄関とヒノキを使用した居間、琉球畳の食堂、石州敷瓦の台所は、連続性のある大空間。
間仕切り建具を開閉することによって、可変性があり、かつ自然通風が家中を廻るようなプランニングにしています。
屋根構造を表した力強い登り梁を際立たせるように、天井に障子を入れた間接照明で空間を柔らかく照らします。