安倍の家

軒の低い落ち着いた東側ファサードの表情に対して、片流れ屋根のような構造梁を表した力強い南道路側の表情。
車庫と母屋を一体の軒下に入れることで、広い間口を活かした軽快かつ伸びのある屋根ラインを形成しています。
居間・食堂を挟むように庭を配置することで、採光・通風、かつ外部に視界が抜けるよう、落ち着いたプライベートスペースになるよう意図しています。
フリースペースを家の中心に配することで、家事ゾーンとの明確な分離、および空間の一体化・連続性の確保、家中に自然通風が廻るようなプランニングを心がけました。