西福原オフィス

大通りに面した雑然とした街並みの中に、コンクリートの力強いテクスチャーと生命感ある木材のコントラストが整然としたイメージを与え、街並みと対比しています。
ファサードに対して低層からボリュームを重ねるように配置して、床と屋根スラブの水平ラインを強調することで、RC造らしい力強いテクスチャーを残しながら軽快な外観と奥行感を表現。
深く庇を出すことで夏季の強い日差しからの熱負荷を軽減するとともに、木部の雨掛かりを防いで劣化を抑えています。