目久美町の家 鳥取県米子市

米子駅裏の住宅街にありながら、加茂川や目久美神社の景観が望める敷地。近隣へのプライバシーを守りつつ、豊かな景観を望む視界の広がりを注意深く探りました。
立方体に近い構造フレームに、軒を1.5m張り出した方形屋根との組み合わせ。外壁に焼杉板と押え縁を用いることで、シンプルな矩形にリズミカルで力強いテクスチャーを与えています。
外部のアプローチとテラス、内部の玄関、土間スペース、食堂へと続く床は、色ムラのある赤褐色の焼過ぎレンガで統一。
外部から内部への繋がり、平面・断面と連続した一続きの空間を保ちつつ、レベル差や素材の違いで空間に変化をもたらせています。