崎津の家 鳥取県米子市

良好な景観が周囲に開かれた敷地と大らかなシンメトリーの大屋根。
30坪のコンパクトなプランが最大限の広がりを感じられるよう、可動間仕切りによって内部をワンフロアとし、南北に設えた木製建具から外部に向けて視界の広がりをもたらしています。 吹抜けのあるプランセンター部にパブリックゾーン(居間・和室・食堂)を配置し、そこを介して遠心部にプライベートゾーン(寝室・子供室)、サービスゾーン(浴室・洗面)を繋げて、動線をコンパクトにすると同時に、それぞれ居心地の良い体感スケールを与えています。 差し鴨居となる水平梁の高さをフロアラインから2.1mに設定し、上階ロフトの書斎と下階居間の距離感を近づけ、平面・断面的に空間の広がりが感じられるよう意図しました。