未分類

一枚板見学

久しぶりの投稿で少し照れくさい気分…。

昨日鳥取市での打ち合わせ帰り、二階町にある『加納家具』で無垢の一枚板を使用したダイニングテーブルを展示している『一枚板展』が本日から開催されるということで、フライング気味にお邪魔しました。

レイアウトの準備にお忙しいにも関わらず木の特性や制作に至るまでのご苦労など、丁寧に説明いただきました。

中でも水目桜というかなり珍しい1枚板のプライスはなんと¥3,000,000-オーバー。

それでもこの一点物の“一期一会”の出会いに購入さる方もおられるそうです。

もう一つのお目当ては、鳥取県ではここしか取り扱っていないという、2006年のグッドデザイン賞に輝いた、日進木工の『SOLA CHAIR』。有機的に削り出した一本曲げ木の優美なフォルムは別格の美しさでした。